健診部

トップ > 健診部のご案内

健診部について

健診課ご挨拶

皆様が健康診断・ドックをお受けになることで、結果をもとにご自身の健康状態を見つめ直し、さらにはがんを始めとした疾病の早期発見や生活習慣病の一次予防を推進することで、末永く健康に過ごしていただく手助けをさせていただくことが、私たちの目標であり、使命だと考えています。

これからの皆様の人生をさらに充実してお過ごしいただくため、
奮ってのご利用を健診部一同心よりお待ち申し上げます。

健康診断/人間ドック 予約・お問合せ

<電話番号>   049-242-0382(アナウンス2番)
< 受付 >   月〜土(祝祭日を除く) 10:00〜17:00

・お手元に健康保険証、健保組合等からの書類をご用意頂くとスムーズにご予約頂けます。
・ご予約が完了するのに5分〜10分程度お時間かかりますのでご了承ください。



当日受付場所
病院入口からお入り頂いて、左方向に扉が2枚あります。その奥が健診課受付になります。

健康診断

労働安全衛生法により1年に1回、定期的に法定健診を行うことが義務づけられています。また、50人以上の労働者を使用する事業者は、定期健康診断の結果を所轄の労働基準監督署に報告しなければなりません。

【メニュー】
(1)法定健康診断
(2)雇入時健康診断
(3)川越市特定健診
川越市国民健康保険の特定健康診査は、川越市国民健康保険に加入している40歳(今年度中に40歳になる方を含みます。)から74歳までの方が対象となります。
 ※川越市から案内が届きます、一般健診(セットA)は自己負担無しで受診できます。
(4)後期高齢者医療制度 健康診査3
(5)生活習慣病
(6)胃がん検診(内視鏡検査)

各種ドック

世間では健康に関する様々な情報が取り上げられていますが、皆様はどのように日々の健康に気をつけていらっしゃいますでしょうか。

日本人の三大死因とされる「悪性新生物(がん)・脳血管疾患・心疾患」は、生活習慣が深くかかわっています。これらの病気を予防するには、生活習慣の改善が欠かせず、また、そこで皆様の力強い味方になるのが「人間ドック」です。
当院では、皆様が健康で満足のいく生活を送ることができるよう、病気の予防と早期発見・早期治療に日々取り組んでいます。
当院では婦人科健診や乳がん検診(毎週月曜)、MRI検査などのオプション検査も各種用意しておりますので、ご希望により追加することも可能です。

法人のご担当者様へ

巡回健康診断

当院の健診スタッフが事務所などに出向いて企業健診を実施しております。
巡回健診はレントゲン専用バスを利用し、当院へお越し頂く場合と同じ検査を行うものです。
職場で仕事の合間に健康診断を受診できますので、仕事への影響を最小限に抑えられ、受診率の向上にも有効です。

実施条件
・巡回健診車(観光バス程度の大きさ)の駐車スペースがあること
・健診会場(15畳程度の会議室や食堂など)が必要です。(応相談)
・受診者数30名以上から承ります。

 巡回健診お問合せ

行定病院 健診課 巡回健診予約担当者宛まで
受付日時: 月〜土(祝祭日を除く) 10時〜17時
TEL: 049-242-0382(アナウンス2番)

特殊健康診断

当院では以下の特殊健康診断を実施しております。お電話にてご相談ください。
有害物質を取り扱う方や、リスクの高い作業を行う方に対する実施が義務付けられている健康診断です。特殊健診にはさまざまな種類があり、業種や取り扱っている化学物質等により義務付けられているものもあります。

電話番号: 049-242-0382 (アナウンス2番)健診課

業務内容
・特定化学物質健康診断
・有機溶剤健診
・じん肺健康診断
・振動業務特殊健康診断
・鉛健康診断

産業医派遣

職場において労働者の健康管理等を効果的に行うためには、医学に関する専門的な知識が不可欠なことから、常時50人以上の労働者を使用する事業場においては、事業者は、産業医を選任し、労働者の健康管理等を行わせなければならないこととなっています。
当院では、お取引先企業様への労働衛生管理として産業医活動を行っております。

電話番号: 049-242-0382 (アナウンス3番)総務課

産業医の業務内容
詳しい派遣内容や費用につきましてはお電話にてお問い合わせください。

1.健康診断結果に基づく措置
 (健康診断結果の有所見者に対する措置)
2.作業県境の管理・改善 工場内の巡視により危険箇所、安全対策等のチェック及び指導
3.健康・衛生教育
 産業医による健康、衛生等に関する講習会の実施
4.健康相談
 過重労働面接
 健康診断結果の経過観察判定者に対する個人面談方式の健康相談
5.健康障害の原因調査並びに再発防止の措置
6.安全衛生委員会への出席
 労働安全衛生規則第13条第1項第2号
 イ.多量の高熱物体を取り扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務
 ロ.多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷ななしょにおける業務
 ハ.ラジウム放射線、エックス線その他の有害放射線にさらされる業務
 ニ.土石、獣毛などのじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務
 ホ.異常気圧下における業務
 ヘ.さく岩機、鋲(びょう)打機等の使用によって、身体に著しい振動を与える業務
 ト.重量物の取り扱い等重激な業務
 チ.ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務
 リ.坑内における業務
 ヌ.深夜業を含む業務
 ル.水銀、砒(ひ)素、黄りん、弗(ふつ)化水素酸、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、か性アルカリ、石炭酸その他これらに準する有害物を取り扱う業務
 ヲ.鉛、水銀、クロム、砒(ひ)素、黄りん、弗(ふつ)化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベンゼン、アニリンその他これらに準する有害物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務
 ワ.病原体によって汚染のおそれが著しい業務
 カ.その他厚生労働大臣が定める業務

 

健康診断受診のご案内

申込みから受診までの流れ

健康診断前日
●前日の夕食は21時までにお済ませ下さい
飲料についても控えめにして頂き、飲まれる際は糖類の入っていないお水・お茶をお飲みください。
アルコール飲料はお控え下さい

健康診断当日

持ち物
・健康保険被保険者証(保険証又は共済組合員証)
・健保組合等からの書類(健保組合により不要な場合があります。)
・検便容器(受診コースによります。該当の方には事前に容器をお送りしています。)
  ※お忘れの場合や採取できない場合の後日検査はお受けできない場合もございます。
・健診料金(一部負担のある健保組合の方・個人受診の方・オプションを選択された方)
  ※当院ではクレジットカードでのお支払はできませんので現金をご用意ください。
・コンタクトケース(眼底検査のある方は検査の際コンタクトを外して頂きます。)

●朝食はとらずにお越しください
●飲料についてはお控え頂き、飲まれる際は糖類の入っていないお茶やお水をお飲みください。

健診を受けるにあたって
▼ 女性の方へのお願い
服装について : 問診・心電図・身長測定等がございますので、ネックレスは事前に外して頂き、ワンピースなどのつながっている洋服、ストッキング・タイツ、アップヘアでのご来院はお控えください。
妊娠中または妊娠の可能性のある方はレントゲン検査ができませんので、健診スタッフまで必ずお申し出下さい。

その他
・受診をキャンセルされる場合や、当日のやむをえない事情(電車遅延等)で遅れる場合は、必ず健診課までご連絡ください。(電話対応時間:8時30分〜)
・当日体調が悪い場合(発熱など)は、無理せず健診日を変更し、外来を受診してください。正確な数値結果が出ずに再受診になる可能性があります。
・病院提携駐車場は台数に限りがございますので、できるだけ公共の交通機関でお越しください。
※病院提携駐車場以外は、料金が自己負担となりますのでご了承ください。

人間ドック受診のご案内

人間ドック前日
●飲食は21時までにお済ませ下さい。
※アルコール類はお控え下さい。
●問診票はあらかじめご記入下さい。
●当院からお送りした案内状は必ずお読み頂いて、ご来院下さい。

人間ドック当日

持ち物
・健康保険被保険者証(保険証又は共済組合員証)
・質問票(あらかじめご記入下さい。)
・組合又は会社等の受診券・指定用紙(組合により不要な場合があります。)
・眼鏡/コンタクトケース・保存液/(眼圧検査の際コンタクトを外して頂きます)
・検便容器

●来院前
朝食は摂らずに(お茶・お水・タバコも禁止)お越しください。
診察時に爪の状態を確認しますので、両手足のマニキュアはお控えください

●受付・ご精算(※現金精算のみ承っております)
午前8時30分 1階健診課受付 にお越しください。
検尿コップをお渡ししますので、お手洗いに行かず、先に健診課で受付をお済ませ下さい。
・受付時間までにいらっしゃらない場合、検査にお時間がかかることもございますので、お時間に余裕をもってお越しください。
・万が一遅れる場合は、お早めに健診課までご連絡の上、ご相談ください。
※月経中及び、妊娠又はその可能性があると思われる方はあらかじめお申し出ください。

●更衣(ロッカー有)

●検査開始

●お食事・着替え

●終了はお昼頃になりますが、前後する場合もございます。
※頭部MRIがある方は13:30〜の検査になります。検査は40分〜50分かかります。
検査終了後、ご帰宅になります。

胃がん検診(内視鏡検査)

検診項目
胃内視鏡検査
(※胃部エックス線検査と胃内視鏡検査を同一年度内に重複受診できません)

対象の方
川越市に住民登録がある満50歳以上の方

自己負担金
2,700円
※生体検査や偶発症の処置を行った場合は、保険診療になりますので別途請求があります。

自己負担金免除
満70歳以上の方(受診時、保険証を提示)
生活保護受給世帯に属している方(受診時、生活保護受給証を提示)
中国残留邦人等支援給付を受けている方(受診時、本人か確認証を提示)
市民税非課税世帯に属する方※市へ事前申請が必要(がん検診申込時)

申込み方法
事前に市へ申込み
 ※詳細については川越市ホームページ又は「健康づくりスケジュール」をご覧ください。

受診券が市より届く

ご予約
受診券をお手元にご用意の上、お電話にてご予約をお願いします。

電話番号: (代)049-242-0382 アナウンス2番
受付時間: 月〜土(祝祭日を除く) 10時〜17時

注意事項
次に該当する方は受診できません。

・受診日以前に転出している方
・該当する検診の対象となる要件を満たしていない方
・勤務先、人間ドックなどで受診機会がある方
・今年度、既に胃がん検診(胃内視鏡・胃部エックス線検査いずれか)を受診された方
・検診と同じ部位のがん治療中又は経過観察中の方
・妊娠中及び妊娠の可能性がある方
・疾患の種類に関わらず入院中の方
・検診当日の問診で受診不可と診断された方
・胃を全摘出している
・胃内視鏡検査に関するインフォームドコンセント(説明と同意)や同意書の取得ができない
・消化性潰瘍など胃・食道の疾患で受療中(ヘルコバクターピロリ菌除菌中の方を含む)
・のど、鼻などに重篤な疾患があり、内視鏡が挿入できない
・呼吸不全がある
・収縮期血圧が極めて高い
・急性心筋梗塞や重篤な不整脈など心疾患がある
・明らかな出血傾向又はその疑いがある
・全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断された
※病気治療中(服薬含む)又は経過観察中の方は、予め主治医と相談してください。
 症状がある方は検診ではなく診察をお受けになることをお勧めします。

胃がん検診(胃部エックス線検査)

検診項目
胃部エックス線検査
(※胃内視鏡検査と同一年度内に重複受診することはできません)

対象の方
川越市に住民登録がある満40歳以上の方

自己負担金
2,000円

申込み方法
当院へ直接予約お願いします。

電話番号: (代)049-242-0382 アナウンス2番
受付時間: 月〜土(祝祭日を除く) 10時〜17時

自己負担金免除
受診日当日、満70歳以上の方(受診時、保険証を提示)
生活保護受給世帯に属している方(受診時、生活保護受給者証を提示)
中国残留邦人等支援給付を受け付けている方(重受診時、本人確認証を提示)
市民税非課税世帯に属する方※市へ事前申請が必要

注意事項
次に該当する方は受診できません。

・受診日以前に転出している方
・該当する検診の対象となる要件を満たしていない方
・勤務先、人間ドックなどで受診機会がある方
・今年度、既に胃がん検診(胃内視鏡・胃部エックス線検査)を受診した方
・検診と同じ部位のがん治療中または経過観察中の方
・妊娠中及び妊娠の可能性がある方
・大腸がん検診において、検体採取時に月経中の方
・疾患の種類にかかわらず、入院中の方
・前年度の検診で精密検査が必要と判定され、理由なく受診していない方
・検診当日の問診で受診不可と判断された方
・今年度、川越市の胃がん検診を受診した
・胃を全摘出している方
・食道・胃・小腸・大腸などの消化器系疾患を治療中、経過観察中の方
・食道・胃・小腸・大腸などの消化器系疾患の手術を受けたことがある方は各医療機関にご相談ください。
・1年以内に腹部の手術や整形外科の手術を受けた方
・腸閉そくの既往がある、腎臓病・心臓病などで水分摂取を制限されている、常時酸素吸入している、検査当日まで3日間排便がない方
・バリウムを誤嚥したことがある、バリウム製剤の過敏症(じんましん、息苦しいなど)がある、バリウムのコップを自分で持って飲めない方
・自力で退位を保持することや撮影台の手すりをつかむことができない、技師の指示に従って動くことが困難な方
・1年以内に脳血管疾患、心疾患等で発作があった方

※授乳中の方は、下剤が母乳に影響するために、おすすめできません。
※症状がある方は検診ではなく、診察をお受けになることをお勧めします。
※病気治療中(服薬中)または経過観察中の方はあらかじめ主治医と相談してください。

ホームお知らせお問合せ個人情報保護方針サイトマップ